電気料金の夜間割引を併用する

太陽光発電システムを自宅に設置すると、リアルタイムの発電状況や自宅内の電気使用状況、電気使用量が表示されるモニターが付属しますから、太陽光発電システムを設置する前はそれほど意識する事がなかった節電の意識が高まり、省エネを真剣に考えるようになるでしょう。
リアルタイムに表示される太陽光発電システムのモニターにより、システムの発電量と住宅内の消費電力量の差を数値で日常的に目にする事により、具体的に節電に取り組むようになります。

一般的な家庭において、月々の光熱費で30パーセント~40パーセントを占めるのがお風呂の給湯です。
東京都内であれば東京電力の電気供給地域になりますから、日中は主に自宅に設置した太陽光発電システムの電力を使用し、夜間は夜間割引の料金プランを東京電力と契約して、大幅に割安になる夜間電力でお風呂の給湯システムを動かす事により大幅に光熱費を節約する事が可能となるでしょう。
太陽光発電システムの運用については、自宅に発電システムを設置した後は余剰電力の買取制度を活用できます。
設置した太陽光発電システムが発電する電力から家庭で消費した電力を差し引きして余った電力を、電力会社が買い取るように法律で定められています。
余った電力の買い取り単価は政府が政策で決定しており、太陽光発電システムを自宅に設置した年に適用されている買取単価が、その後10年間固定されます。
家庭内での節電に取り組んで家庭内での消費電力を削減する事により売電量を増やす事ができるでしょう。

得する太陽光発電導入のノウハウ is proudly powered by WordPress
Entries (RSS) and Comments (RSS).
Theme by Spanish Translation US.