高層の建物との兼ね合いが重要

東京都で太陽光発電を行おうとしますと、
他の地域とは考え方が異なってくる部分があります。
それは、高層の建物が多いという部分があるからです。
東京には高層のビルというものもありますし、
高層のマンションなどもあります。
そういったものが近くにあるという方もいるでしょう。
そういった構想の建物が近くにありますと、
家が日陰になってしまうことも多いくなってしまいます。
あまりよろしい状況ではありませんので、
なんとか対処をしていく必要性が出てきます。
ただし、高層ビルをなくすことはできませんので、
対策といってもなかなかできることはないでしょう。
特に太陽光発電をしようとしますと、
東京の高層ビルはまさに目の上のたんこぶ的な存在になります。
高層の建物の影響で太陽光発電の発電量がかなり少なくなってしまうのです。
長時間もしも日陰になってしまう地域でしたら、
発電量には大きなマイナスになってしまう可能性が出てきます。
もちろん日陰に入るからといいまして、発電ができないわけではありません。
しかし、発電の効率からいいますとよろしいものではありません。
日が照っているところと比べると、
日蔭の時間帯は半分くらいの電力しか発電しないこともあります。
そうなりますと、せっかく設置してもあまり節約効果がないこともあります。
東京ではそのような日照時間も計算に入れまして、
利益が出るのかでないのかを考えてみるべきです。
もしも利益が出ないと判断しましたら、
利用しないと決めるのも一つの勇気のある決断になります。

得する太陽光発電導入のノウハウ is proudly powered by WordPress
Entries (RSS) and Comments (RSS).
Theme by Spanish Translation US.