東芝の太陽光発電システムのメリット

太陽光発電システムを自宅に導入したいと考えている家庭も多いかもしれませんが、実際に導入するとなると、いろいろと分からないことも出てくるでしょう。
特に多くの人が悩むポイントとして「どのメーカーの太陽光発電システムを選んだら良いのか?」ということがあると思います。
太陽光発電システムのメーカーとしてシャープや東芝、京セラ、三菱電機、三洋電機などが有名ですが、近年ではその他にも外資系メーカーなどが参入してきていて、消費者としては選択肢が増えると同時に、選択に迷うことが多くなって来ました。
実は太陽光発電システムはメーカーによって特徴があり、長所・短所がそれぞれに違います。
そういった違いをしっかりと把握した上で購入するメーカーを選べば、購入後に後悔しなくて済むでしょう。
ここでは東芝の太陽光発電システムの特徴について書いていきたいと思います。
東芝は太陽光発電システムのメーカーとしては後発組となります。
後発組ということでシャープや三洋電機などと比べると実績がまだ少ないということはありますが、後発組ならでは効率の良さで最近シェアを大きく伸ばしています。
東芝はアメリカのサンパワー社と提携しており、太陽光パネルもサンパワー社の製品を使っています。
サンパワー社の太陽光パネルは変換効率に優れているので、宅地面積が狭くて設置面積が限られている日本に適していると言えます。
また、太陽光パネル自体の重量が非常に軽いのもサンパワー社製パネルの特徴で、日本のように地震の多い国には適しているでしょう。
このパネルがパワフルな理由の1つが「単結晶シリコンの採用」にあります。
現在、多くの太陽光パネルで使われている多結晶シリコンは非常にコストに優れますが、その反面パワーに劣るという短所があります。
単結晶シリコンはコストが高いのでどうしても製品の価格が高くなってしまいますが、その分パワー面で優れているので、同じ面積の太陽光パネルを設置した場合の発電量はかなり多くなります。
ですから、少しでもたくさんの発電量を確保したいという方や、屋根の面積が狭くてたくさんの太陽光パネルを設置することができないという方には、東芝の太陽光発電システムが最適でしょう。

得する太陽光発電導入のノウハウ is proudly powered by WordPress
Entries (RSS) and Comments (RSS).
Theme by Spanish Translation US.