停電時でも電気を使えるの?

太陽光発電システムを自宅に導入したいと考えている方の中には「もし停電になっても太陽光発電があれば、停電中でも自由に電気を使うことができるから」という理由から太陽光発電の導入をしたいと考えている方もいるでしょう。
たしかに太陽光発電ならば停電時でも電気を使うことができる場合がありますが、どんな場合でも電気を使うことができるわけではないので、導入の際には注意が必要です。
まず、当然のことですが「太陽光発電は昼間の太陽が出ている時にしか発電することができない」ということを知っておくべきです。
つまり、太陽光発電システムが設置されている住宅であっても夜間や雨の日には電気をつくことができないので、予備電源的な使い方をすることはできません。
もちろん、太陽が出ている昼間であれば電気をつくることができるので、たとえお住いの地域が停電になったとしても、電気を使うことができます。
しかしながら、設置しているパネルの出力や天候など、様々な条件によって使うことができる電力に制限があるので注意が必要です。
現在、一般の家庭に設置されている太陽光発電システムの発電量は3kWから4kWのものが多いですが、この場合、使うことのできる電力は最大でも1.5kW程度です。
室内の照明や冷蔵庫、テレビを同時に利用するくらいならば問題はないと思いますが、食事のために電子レンジを利用したり、暖を取ろうと電気ストーブを利用したりすると、電力が不足することが考えられます。
ですから、太陽光発電があれば停電時でも普段の生活ができると考えるのは間違いであり、必要最低限の電力を確保することができると考えるのが正しいといえるでしょう。
さて、太陽光発電では夜間などには電気を使うことができないと言いましたが、蓄電設備を利用することで昼間につくった電力を蓄えておいて、夜間に使うことができます。
最近は各メーカーからリチウムイオン電池などを使った蓄電システムが販売されているので、興味のある方は相談してみるとよいでしょう。


得する太陽光発電導入のノウハウ is proudly powered by WordPress
Entries (RSS) and Comments (RSS).
Theme by Spanish Translation US.